10月 16, 2019 21:25 Asia/Tokyo
  • バーレーンのサポーター
    バーレーンのサポーター

イランオリンピック委員会のサーレヒーアミーリー会長が、FIFA国際サッカー連盟とIOC国際オリンピック委員会に宛てた書簡の中で、2022サッカーW杯アジア第2次予選のイラン対バーレーンの試合の冒頭で、バーレーンのサポーターがイラン国歌を侮辱した行為に強く抗議しました。

2022ワールド杯・カタール大会アジア第2次予選第3節が15日火曜、各地で行われ、バーレーンでイラン代表とバーレーン代表が対戦しました。試合前にイラン国歌が演奏された際、バーレーン側のサポーターが口笛を吹くなどしてイラン国歌を侮辱しました。

サーレヒーアミーリー会長

IRIB通信によりますと、サーレヒーアミーリー会長は16日水曜、FIFAとIOCに宛てた書簡において、バーレーン側のサポーターによる侮辱行為に抗議し、バーレーンへの厳しい対処を求めました。

同会長はまた、バーレーン代表やサポーターの恥すべき行為は、サッカー公式戦の開催国に定めた規則やFIFA規定、オリンピック憲章に反するものだとして強く抗議しています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.youtube.com/channel/UCXfX6KY7mZURIhUWKnKmrEQ

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

 https://soundcloud.com/user-614960283 

タグ

コメント