2019年10月22日03時45分
  • イランのザリーフ外相
    イランのザリーフ外相

イランのザリーフ外相が、「わが国は、イエメン戦争終結に向けたあらゆるイニシアチブを歓迎する」とし、「イランは常にイエメン国民の傍らに寄り添い続けてきた」と語りました。

ザリーフ外相は、21日月曜に発表されたイエメンのニュースサイト・アルマシーラとのインタビューで、「パキスタンのカーン首相と、イエメン情勢に関してやり取りを続けており、イランはイエメン戦争の収束に向けたあらゆる措置に協力するだろう」と述べています。

また、「下地が整っている場合には、対立解消を目的にサウジアラビアを訪問する用意がある」としました。

カーン首相は今月13日のイラン訪問で、同国のイスラム革命最高指導者のハーメネイー師および、ローハーニー大統領と会談し、イラン訪問の2日後の今月15日にはサウジアラビアを訪問しています。

サウジアラビアとアラブ首長国連邦は、アメリカなど複数の国の支援を得て、2015年3月からイエメンを軍事攻撃し、全面的に封鎖しています。

この軍事攻撃により、イエメンでは食料や医薬品の深刻な不足の事態が生じているとともに、1万6000人以上が死亡、ほか多数が負傷しています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

http://youtube.com/

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

 https://soundcloud.com/user-614960283 

タグ

コメント