2019年10月23日19時21分
  • ローハーニー大統領
    ローハーニー大統領

イランのローハーニー大統領が、非同盟諸国首脳会議が開催されるアゼルバイジャン共和国のアリエフ大統領の正式招聘を受けて、同会合に出席するため24日木曜、同国の首都バクーを訪問します。

イラン大統領府のモエッズィー広報副部長は23日、「ローハーニー大統領は非同盟諸国会議において、地域・国際問題に関するイランの立場を説明することに加え、同会合にあわせてアゼルバイジャンのアリエフ大統領を初め、非同盟諸国の一部首脳らと会談を行う予定だ」と説明しました。

アゼルバイジャンは今回の非同盟諸国首脳会合で、今後3年間の同組織の議長を引継ぐことになっています。

非同盟諸国は1961年、旧ユーゴスラビアのベオグラードで設立され、現在120カ国が加盟、各国の人口をあわせると世界総人口の55%を占めています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.youtube.com/channel/UCXfX6KY7mZURIhUWKnKmrEQ

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

 https://soundcloud.com/user-614960283 

タグ

コメント