2019年10月23日20時48分
  • ローハーニー大統領
    ローハーニー大統領

イランのローハーニー大統領が、近年における同国経済分野での業績に触れ、「イランは、2016年に世界最大規模の経済成長を遂げた」と語りました。

ローハーニー大統領は23日水曜、閣僚会議において「わが国は2016年に12.5%の経済成長率を記録し、また3年連続でインフレ率を1ケタ台に抑えた」と述べました。

また、「2016年にイランの輸出は非石油製品の輸入を上回り、ガソリンや軽油、小麦、 油糧種子に関しては自給自足に向かいつつある」としました。

さらに、「敵は、イラン核合意に打撃を与えることで、イランの体制を破壊できると思い込んでいた」とし、「イラン国民は実に聡明で敵に欺かれることはない」と強調しました。

そして、地域・国際的な経済・学術、産業分野など、競争の舞台にイランが進出する必要性を強調し、「イランは、進歩発展の道を力強く威厳をもって歩み続けている」と述べました。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.youtube.com/channel/UCXfX6KY7mZURIhUWKnKmrEQ

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

 https://soundcloud.com/user-61496028

タグ

コメント