2019年11月09日18時58分
  • アラーグチー外務次官
    アラーグチー外務次官

イランのアラーグチー外務次官が、「イランがヨーロッパに期待しているのは、イラン産原油の輸出とその収入を銀行がイランに送金できるという保証だ」と述べました。

アラーグチー次官は、ロシア・モスクワで開催中の核不拡散国際会議の傍ら、同国スプートニク通信のインタビューに応じ、「来年の米大統領選挙の結果は、イランの計画には一切影響しない」と語りました。

アラーグチー次官はまた、ヨーロッパ諸国が核合意の取り決めや責務を履行しなかった場合、イランはウラン濃縮に関して次の段階でどのように行動するのかとの質疑に対し、「イランは決まった時期に必要な決定を下すだろう」と述べるに留めました。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.youtube.com/channel/UCXfX6KY7mZURIhUWKnKmrEQ

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

 https://soundcloud.com/user-614960283 

タグ

コメント