2019年11月11日03時38分
  • イラン原子力庁のサーレヒー長官
    イラン原子力庁のサーレヒー長官

イラン原子力庁のサーレヒー長官が、「原子力発電1000メガワットにより、大気を汚染する温室効果ガス700万トンの排出を防ぐことができる」と語りました。

サーレヒー長官は10日日曜、イラン南部ブーシェフル原子力発電所の2号機へのセメント注入の開始式典において、「イランは、原子力分野での経験をペルシャ湾岸諸国に移転する用意がある」と述べました。

また、「気候変動対策に関するパリ協定の署名国は、今後数年以内に温室効果ガスの排出を削減することになっている。原子力発電所は、こうした問題を脱するための方法の1つだ」としました。

ブーシェフル原発は、およそ8年前から発電を開始し、イランとロシアの戦略的協力の象徴となっています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.youtube.com

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

 https://soundcloud.com/user-614960283 

タグ

コメント