2019年11月11日20時43分
  • バーゲリー統合参謀本部議長
    バーゲリー統合参謀本部議長

イランのバーゲリー統合参謀本部議長が、「イラン軍は地域的な戦術を考案し、情報・治安面で力を形成し、それによってさまざまな場面で敵を打ち負かすことが可能になっている」と述べました。

バーゲリー統合参謀本部議長は11日月曜テヘランで、戦闘の分野におけるイラン軍の成功に言及し、「今日のイランはミサイルや通信などの防衛分野において、地域および国際レベルで語るべき多くの事柄を有している」としました。

さらに、「イラン軍は国民を頼みとしている。そのことが軍事および防衛分野での勝利と進歩をもたらしてきた」と語り、「今日、イランはいかなる国や超大国にも依存せず、完全に自立している」と強調しました。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.youtube.com/channel/UCXfX6KY7mZURIhUWKnKmrEQ

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

 https://soundcloud.com/user-614960283

タグ

コメント