2019年11月21日21時05分
  • イスファハーンにおける暴動を非難する市民らのデモ
    イスファハーンにおける暴動を非難する市民らのデモ

イランの一部都市の人々が大行進を開催し、暴徒らによる暴動や暴力行為を非難しました。

イランでは中部イスファハーン、南部シーラーズ、南東部ケルマーン、南部バンダルアッバース、南西部ヤースージ、テヘラン南方のゴム、南東部ザーヘダーン、テヘラン東部シャーフルードの各地で21日木曜、大行進が実施され、参加者らが「アメリカに死を」、「イスラエルに死を」、「暴徒らに死を」などのスローガンを叫んでイランイスラム革命最高指導者ハーメネイー師の立場を支持しました。

イランではこの数日、北部ゴレスターン州、マーザンダラーン州、ギーラーン州、中部マルキャズィー州、南東部ケルマーン州、西部ロレスターン州、北西部ザンジャーン州、タブリーズ市、南西部シャフレコルド市、及び南西部フーゼスターン州の各都市で暴徒らを非難する大行進が実施されています。

イランでは、今月15日からガソリン価格改定案が実施されたことに伴い、市民による平和的なデモが暴徒らに悪用され、暴力行為に発展しました。

この数日、イランでは複数の都市での暴徒らによる騒乱のあと、全国的に平穏が戻っています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.youtube.com

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

 https://soundcloud.com/user-614960283 

タグ

コメント