12月 07, 2019 17:18 Asia/Tokyo
  • アラーグチー外務次官
    アラーグチー外務次官

イランのローハーニー大統領が、年内にも日本への訪問を検討していることについて、イランのアラーグチー外務次官は、NHKの取材に対し、ローハーニー大統領の訪日を通して原油輸出の再開を含め日本との経済関係強化を図りたい考えを明らかにしました。

イラン大統領府のヴァーエズィー長官が4日水曜、「わが国のローハーニー大統領は、今月中旬に日本とマレーシアを訪問する」と発表していました。

これについてアラーグチー外務次官は、滞在先のオーストリアのウィーンでNHKの取材に対し、「訪日の日程を確定させようとしている。近く決まることを望んでいる」と述べ、日本側と調整を進めていることを明らかにしました。

そのうえでアラーグチー次官は、「日本はイランにとって経済的なパートナーだ。イランはこれまでずっと日本に原油を供給してきたし、日本はイランに技術を提供してきた。これまで同様の関係を継続したい」と述べ、ローハーニー大統領の訪日を通して原油輸出の再開を含め日本との経済関係強化を図りたい考えを明らかにしました。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.youtube.com

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

 https://soundcloud.com/user-614960283

タグ

コメント