12月 14, 2019 15:15 Asia/Tokyo
  • クウェートのオタイビ国連大使
    クウェートのオタイビ国連大使

クウェートのオタイビ国連大使が、「イランは制裁下に置かれるべきではない」と発言しました。

オタイビ国連大使は13日金曜、カタールの衛星テレビ局アルジャジーラのインタビューで、「クウェートは、近隣のイスラム国であるイランが制裁を受けることを望まない」と述べました。

また、「いくつかのプラスの兆候も存在する。イランと米国の対話へとつながり、双方が核合意の修正に向けた明白な合意に達する可能性がある」としました。

イランの政府関係者はこれまで、こぞって一切の対米協議を拒否しており、第一に米側が核合意に復帰し、対イラン制裁を解除すべきとしています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.youtube.com/channel/UCXfX6KY7mZURIhUWKnKmrEQ

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

 https://soundcloud.com/user-614960283

タグ

コメント