1月 19, 2020 16:56 Asia/Tokyo
  • イランで、新たな人工衛星の設計、製造が完了
    イランで、新たな人工衛星の設計、製造が完了

イラン・テヘランにあるエルモサンアト工科大学で、新たな人工衛星「ザファル」の設計・製造が完了しました。

人工衛星「ザファル」は、イランの宇宙航空機関の注文により設計、製造されており、19日日曜、イランの情報通信技術省に引き渡されることになっています。

この衛星は、人工衛星「ナヴィード」のあと、エルモサンアト大学が取り組んだ第2の宇宙プロジェクトとなっています。

人工衛星ザファルはナヴィードに比べて、カメラの撮影技術が5倍、操作官理システムの正確さは2倍、画像データ送信量は15倍以上となっています。

ザファルは、カラーカメラが装備され、地球を撮影する機能を有しており、埋蔵原油、鉱山、森林、自然災害の調査のために使用され、地球から高度530キロの軌道に乗せられる予定です。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.youtube.com

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

 https://soundcloud.com/user-614960283

タグ

コメント