1月 26, 2020 21:03 Asia/Tokyo
  • イラン東部・南ホラーサーン州、エスファハック村
    イラン東部・南ホラーサーン州、エスファハック村

エスファハック村は、イラン東部・南ホラーサーン州タバス郡にあります。

この村の建物は、一部は1978年の致命的なタバス地震を生き延びた傑作です。村人は地震の後、日干しレンガ造りの家を建て直す代わりに、半壊した村の隣に新しい村を建てることに決めました。これにより今日では、この村の破壊された部分が、イランの日干しレンガ建築を示す史跡に変貌しました。

上空からの景観

 

南ホラーサーン州にあるエスファハック村
エスファハック村は自然の中の博物館
エスファハック村の人気の理由の一つは村の建物のため
日干し煉瓦の家は地域のエコシステムの一部 
村には、まさに観光客の求めるものがあるため、観光客を魅了している
観光客向けの宿泊施設の内部
多くの観光客が、この村を見るためにタバスやエスファハックを訪れる
地震に耐えた村の建物
エスファハック村の砂漠展望台
上空からの景観

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.youtube.com

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

 https://soundcloud.com/user-614960283

タグ

コメント