2月 06, 2020 19:29 Asia/Tokyo
  • ペルシャ湾に浮かぶゲシュム島内のタンディスハー渓谷
    ペルシャ湾に浮かぶゲシュム島内のタンディスハー渓谷

タンディスハー渓谷は、ペルシャ湾に浮かぶゲシュム島内のマングローブ林の南部にあります。

この渓谷は、いわば大規模な天然の彫刻が独特の形状で連なっていることからペルシャ語で彫刻や彫像を意味するこの名前で呼ばれています。 この地域で見られるのは、かつてはゲシュムの屋根(ルーフ・オブ・ゲシュム)につながっていた高原の名残りです。 島が徐々に隆起したことで、海岸線が後退して陸地部分が増えていきました。タンディスハー渓谷は、水中から現れた後、広範囲にわたって海水の侵食を受けた地域の1つです。

タンディスハー渓谷は、ケシュム島の南海岸から5㎞、ボルケハラフ村の先にある
タンディスハー渓谷

【3枚目の写真は1枚目と同じなのでカットしました】 

タンディスハー渓谷はかつては海底であった
タンディスハー渓谷の遠景
渓谷の地表は、二枚貝の化石を多く含んでいる
近景
遠景

【9枚目の写真は1枚目、3枚目と同じなのでカットしました】

多くのイラン人および外国人旅行者がケシュム島を訪れる
タンディスハー渓谷の朝日
夕暮れのタンディスハー渓谷

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

http://youtube.com

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

 https://soundcloud.com/user-614960283

タグ

コメント