3月 18, 2020 05:43 Asia/Tokyo
  • ザリーフ外相
    ザリーフ外相

イランのザリーフ外相が、同国に対するアメリカの違法な制裁を非難するとともに、国際社会に対しこうした制裁を世界規模で無視するよう要請しました。

ザリーフ外相は17日火曜、ツイッター上で、米国の違法な制裁によるイランの経済資源の減少および新型コロナウイルス対処力の低下を指摘し、「米国は真の意味で、罪なき市民の死亡原因となっている」と強く非難しました。

また、米国の制裁に従う国を含めた国際社会に対し、「米国の行動を傍観することはモラルに反する。このような行動に将来、誰もが憤慨するだろう」と述べました。

米政府は2018年5月8日、6カ国の一員としてイランとの間に取り交わした核合意から一方的に離脱し、経済や投資、石油、石油化学関連のすべてのルート、多数の保険会社や法人、特定の人物を対象に制裁を科しています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

http://youtube.com

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

 https://soundcloud.com/user-614960283

タグ

コメント