3月 31, 2020 15:13 Asia/Tokyo
  • ラビーイー報道官
    ラビーイー報道官

イラン政府のラビーイー報道官は、制裁がイランの医薬品や医療用品の調達には影響しない、とするアメリカの主張には根拠がないとしました。

ラビーイー報道官は30日月曜、テレビ会議での形で行われた記者会見で、「アメリカは、あらゆる銀行取引を妨害する制裁が、イランの医薬品及び衛生用品の入手には影響しないと主張している」と語りました。

ラビーイー報道官は、アメリカの嘘は諸国が自らの政策を再考させる結果となったと語り、「今日、より多くの国が米国の制裁を無視している。なぜならこれらの人々にとって、イランの人々に対するアメリカの支援の主張は、空虚で悪意に満ちていることが明らかになったためだ」と述べました。

そして、新型コロナウイルスに対する世界的な勝利は、世界のすべての国々が勝利を追求、確信することなくしては不可能であるとし、「米国にその一方的な制裁を解除を迫ることは国際的な責任であり、これらの制裁への追従と実施は、世界の健康に影響を与えるだろう」と語りました。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.youtube.com

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

 https://soundcloud.com/user-614960283

タグ

コメント