4月 01, 2020 19:22 Asia/Tokyo
  • イランは4月1日、「自然の日」を迎えた
    イランは4月1日、「自然の日」を迎えた

1日水曜は、イラン暦ファルヴァルディーン月13日にあたり、イランでは「自然の日」に制定されています。

イランの人々は、イラン暦の元日から数えて13日目にあたるこの日、古式ゆかしい伝統慣習に従い、野原などの自然環境に出て、大自然の恵みを満喫するとともに、この喜びあふれる日を家族や近親者らとともに過ごすのが例年の慣わしとなっています。

ペルシャ語で「スィーズダ・ベダル」と呼ばれ、一般市民が戸外でのひと時を楽しむはずのこの日ですが、今年は新型コロナウイルスの影響で、例年とは大きく異なる様相を呈しています。

現在、イラン全国の人々は自身と周囲の人々の健康の大切さを肝に銘じるとともに、心を寄せあいながら、「自宅で過ごそう」、「読書をしよう」、「コロナに打ち勝とう」、「自宅で自然の日を」等を合言葉に新型コロナウイルスと戦っています。

イランの自然
イランの自然
イランの自然
イランの自然

 

イランの自然
イランの自然
イランの自然
イランの自然

 

イランの自然

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.youtube.com

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

 https://soundcloud.com/user-614960283

タグ

コメント