4月 02, 2020 20:19 Asia/Tokyo
  • ザリーフ外相
    ザリーフ外相

イランのザリーフ外相は、トランプ米大統領に向け、「イランは戦争を始めることはないが、戦争を引き起こす者を正す」と述べました。

ザリーフ外相は2日木曜、自身のツイッター上で、イランに対するトランプ大統領の最近の主張に応え、「トランプ大統領よ、恒久的な好戦主義者たちに、再び迷わされるな。イランには友人がいる。誰も何百万もの「代理因子」を持つことはできない」と記しました。

そして、「嘘をつき、欺き、暗殺を実行するアメリカとは異なり、イランは公然と自己防衛に基づき行動しているのみである」とも述べました。

トランプ大統領は1日水曜、ツイッター上で、何の証拠、証人も提示することなく、「入手した情報と調査によれば、イランまたはその代理兵力は、イラクにある米軍またはアメリカに関係する場所への奇襲を計画している。そのような事態が起こった場合、イランは実際として重い代償を払うだろう」と主張しました。

もっと読む

視点;米大統領は自傷行為に出るか?

視点;駐イラク米軍の動向と、米大統領の対イラン疑惑提示

イラン統合参謀本部長、「あらゆる反イラン行動には最も厳しい報復で対応」

イラン最高指導者最高軍事顧問、「米の力の没落の時代が到来」

イラク、「米軍の撤退は、我が国の安全保障に影響せず」

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.youtube.com

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

 https://soundcloud.com/user-614960283

タグ

コメント