4月 09, 2020 06:27 Asia/Tokyo
  • サルダール・アズムン選手
    サルダール・アズムン選手

イタリアのスポーツ新聞『コリエレ・デッロ・スポルト』によりますと、同国のサッカークラブチームナポリが、ロシア・ゼニト所属のイラン代表FWサルダール・アズムン(25)に関心を示しています。

2013年に母国のセパハンFCの下部組織からルビン・カザンへ移籍したアズムン選手は、ロストフへのレンタル移籍を繰り返しながら2019年2月にゼニトに加入しました。

主戦場はセンターFWだが、機敏性や足元の技術力を生かしたドリブルが得意で、一部では“イランのメッシ”と言われるほどです。今シーズンはリーグ戦21試合で10ゴール6アシストの成績を残しており、ナポリは1月にも獲得を試みたようです。

ナポリでは、FWアルカディウシュ・ミリクが契約延長を拒否したと伝えられており、その代役を探しているところです。候補にはレアル・マドリーのFWルカ・ヨビッチの名前も挙がっているが、アズムンに比べ高額な移籍金が必要となります。

一方で、アズムンは『transfermarkt』によれば現在の市場価値は1800万ユーロ(約21億2500万円)程だが、ゼニトとの契約が2021年まで残っていることや、放出が望まれていないことから高騰すると見込まれています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.youtube.com

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

 https://soundcloud.com/user-614960283

タグ

コメント