4月 23, 2020 16:45 Asia/Tokyo
  • ヌール衛星
    ヌール衛星

イランイスラム革命防衛隊・航空宇宙部隊のハージーザーデ司令官が、成功裏に行われたイランの多目的用人工衛星の打上げにふれ、「人工衛星ヌールが打ち上げられた数分後、イラン南東部にある2箇所のステーションがこの衛星からの信号を受信した」としました。

イラン初の軍事用衛星ヌールは22日水曜朝、3段階式の衛星打上げロケット「ガーセド」によって、イラン中部にある砂漠から打ち上げられ、地表からの高度425キロの軌道に乗りました。

ハージーザーデ司令官

ハージーザーデ司令官はIRIB通信に対し、「衛星ヌールが地球周回軌道に乗り、地球を周回して90分後、今度はイラン北西部で信号が受信された」としました。

また、「地上や衛星機体に据えられたカメラの画像は、打上げのすべての段階を映し出している」としました。

さらに、「人工衛星ヌールは、大型の発射台や固定式宇宙ステーションを必要としないほか、非金属の機体、移動式ノズルといった技術が使用され、完全に戦略的に設計、製造されている」とし、「わが国は、国内のあらゆる場所でいつでも人工衛星を打ち上げ、軌道に乗せる能力を持っている」と語りました。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.youtube.com

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

 https://soundcloud.com/user-614960283

タグ

コメント