May 27, 2020 17:37 Asia/Tokyo
  • 野菜生産
    野菜生産

皆さまは、イランが野菜の生産量において世界で第5位であることをご存知でしょうか?

イランは農業生産品の3分の1の品目において、世界で10位以内の生産量を誇っています。今回は、それらの世界生産量で高位を占める品目として、野菜とその生産についてご説明します。

野菜は体の免疫作用の強化に重要な役割を果たし、がんに対する予防効果もあります。また、各種ビタミンやミネラルも豊富に含有し、健康に非常に良い食べ物でもあります。ニンジンやカボチャのような黄色い野菜には、がんの予防に役立つベータカロチンが含まれています。セロリ、ホウレンソウ、ブロッコリー、パセリなどの緑の野菜は、カロチノイド、サポニン、ルテイン、フラボノイドを含み、体に必要とされる食物繊維、葉酸、ベータカロテンを供給したり病気からの回復を助けたりしています。また、トマト、スイカ、紫キャベツのような赤い野菜にはフィトケミカルが含まれ、皮膚を紫外線から守ります。

FAO国連食糧農業機関の統計によりますと、中国は野菜類を年間5億3900万トン生産し、世界最大の野菜の生産国となっています。これに次ぐのがインドで、生産量は1億トンです。さらに米国が3500万トン、トルコが2500万トンで続いています。イランの野菜類年間生産量はおよそ2000万トンで世界全体の1.9%を占め、世界5位の生産国となっています。 

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

http://youtube.com

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradi

タグ

コメント