May 30, 2020 03:02 Asia/Tokyo
  • イラン外務省のムーサヴィー報道官
    イラン外務省のムーサヴィー報道官

イラン外務省のムーサヴィー報道官が、ツイッター上でのブライアン・フック米国務省イラン担当特別代表の最近の笑止な発言に反論し、「偉大なるイラン国民は最大限の抵抗と、強固な意志、そして国内の可能性に依拠して、アメリカの最大限の圧力を粉砕する」と語りました。

イルナー通信によりますと、ムーサヴィー報道官は28日木曜夜、「アメリカは敗北の事実を受け入れるとともに、イラン国民に敬意を払うか、もしくはこれまでどおり侮辱を続けて益々嫌われ者となり、孤立するかのどちらかを選ぶべきである」と述べています。

フック特別代表は今月27日、シオニスト系サイト・Jewish News Syndicateとのインタビューで、笑止な発言を行い、「アメリカの圧力行使のため、イラン政府関係者は協議か、もしくは経済崩壊の制御のいずれかを決断すべきだ」としていました。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://urmedium.com/c/japaneseradio

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

 https://soundcloud.com/user-614960283

タグ

コメント