6月 03, 2020 06:22 Asia/Tokyo
  • ホメイニー師
    ホメイニー師

3日水曜は、イラン暦1399年ホルダード月14日に当たります。

31年前のこの日、イランイスラム革命の偉大なる指導者ホメイニー師が、不屈の精神に満ちた努力の87年の一生を終えました。このニュースの発表により、イスラム世界は一様に悲しみにくれました。

ホメイニー師は1902年9月24日、イラン中部マルキャズィ州の町ホメインで生誕しました。彼の政治活動は、その文化・学術活動とともに開始されました。当時の専制的なイランの王政や、同政権に対するアメリカの干渉に対抗するホメイニー師の闘争は、1964年に本格化しましたが、彼は結局当時の王政側によりトルコに、次いでイラクに亡命を余儀なくされました。

ホメイニー師はイラクに追放されていた13年間、多数の門下生らの教育に加えて、当時のイラン王政の腐敗した体質や、イランに対するアメリカの違法な搾取を世に明らかにする活動に従事し、啓蒙的な公示を発表して、1979年のイスラム革命の勝利の下地を作りました。そして、ホメイニー師の闘争が最高潮に達し、また彼がフランスに聖遷後盛大な凱旋帰国を果たした後の1979年2月11日、ついに革命が最終的な勝利を収めることとなりました。

イスラム革命の勝利後、1980年代の対イラク戦争をはじめとした、超大国や国内外に潜む革命の敵の数々の陰謀にもかかわらず、ホメイニー師は当時の多難な状況の中で、イラン国民を知性をもって勇敢に主導しました。

ホメイニー師

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://urmedium.com/c/japaneseradio

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

 https://soundcloud.com/user-614960283

タグ

コメント