6月 03, 2020 08:02 Asia/Tokyo
  • イラン外務省
    イラン外務省

イラン外務省が、米市民の抗議行動に暴力的な弾圧が行なわれている中、西側諸国が沈黙していることに反応し、「西側諸国以外の国でこのような出来事が発生したなら、西側諸国の政府がどのような反応を示すか想像していただきたい」としました。

イラン外務省は2日火曜、ツイッター上のメッセージにおいて、「アメリカでまた、黒人市民1名が惨殺され、これに対する抗議行動がこの数日間に暴力により弾圧されているにもかかわらず、西側諸国の政府は沈黙を決め込み、自らの人権熱を忘れ去ってしまった」と表明しました。

先月25日、米ミネソタ州ミネアポリスで、黒人男性のジョージ・フロイドさん(46)が白人警官により膝で首を押さえつけられ、窒息死しました。

ミネアポリスを初め、同国全土の広い範囲で白人警官によるフロイドさん殺人事件に抗議するデモが実施されています。

複数のメディアや警察の報告によりますと、今回の騒乱が始まってから現在までに、少なくとも5600人が逮捕されています。

こうした中、トランプ米大統領はこの事件の抗議者を暴徒とみなし、抗議者は米軍と警察の銃撃の対象になる、として脅迫しています。

黒人男性死亡事件への抗議デモ

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://urmedium.com/c/japaneseradio

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

 https://soundcloud.com/user-614960283

タグ

コメント