6月 03, 2020 15:36 Asia/Tokyo

イラン北西部、イラクとの国境近くに、ボズスィーナー山系が横たわっています。

この地域はイラン・イラク国境地帯に近い山岳地域で、要害堅固で通行が困難であることから、数多くの知られざる氷河が現存しています。

ボズスィーナーというこの地域の名称は、「氷の胸」の意です。この山岳地帯の標高は3480mで、植生は、ザグロス山脈一帯の山系のそれをよく似通っています。この山岳地帯には生息する生き物には、ヒグマ、オオカミ、キツネ、ジャッカル、ヘビ、ウサギ、パサン(野山羊)、ワシなどがいます。

ボズスィーナー山系
ボズスィーナー山系
ボズスィーナー山系
ボズスィーナー山系の大自然の中を行く登山客
ボズスィーナー山系の雪渓の上を歩く
ボズスィーナー山系
ボズスィーナー山系
ボズスィーナー山系に見られる野生のウマ
ボズスィーナー山系の美しい夕陽
夜明け前のボズスィーナー山系
ボズスィーナー山系

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

http://youtube.com

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ

コメント