6月 03, 2020 17:48 Asia/Tokyo
  • ホメイニー師の命日に演説するイランイスラム革命最高指導者ハーメネイー師
    ホメイニー師の命日に演説するイランイスラム革命最高指導者ハーメネイー師

イランイスラム革命最高指導者のハーメネイー師が、「イランイスラム共和国の建国者ホメイニー師と彼の遂行者は、超大国の意志を突き崩した」とし、「故ホメイニー師は、超大国が打たれ弱く、敗北することを証明した」と語りました。

ハーメネイー師は3日水曜、ホメイニー師の31回忌に際して、テレビ演説を行い、超大国や世界的な勢力に対する見方を変えたことがホメイニー師の業績の1つだとし、「当時、米国の意志に反して何かができるなどとは誰も予想していなかった。しかし、ホメイニー師は米国の歴代大統領自身に、ホメイニー師によって自尊心を打ち砕かれたことを認めさせた」と述べました。

また、「ホメイニー師は、本当の意味でイラン国民に変革をもたらした」とし、「師はイラン国民が感じていた屈辱感を自信や自尊心へと転換させた」としました。

そして、「イラン国民は、イスラム革命前は自らの個人的な問題のみにとらわれ、もっと大切な事柄には関わることがなかった。だが、ホメイニー師は、もっと重大で大切な要求を舞台に持ち込み、おどおどして服従していた一国の国民を、何ごとも要求する国民へと変えてみせた」と語りました。

さらに、「ホメイニー師は、革新を求め、また革新を起こす人物だった」とし、「当時の組織機関に対し、ある集団が何かを要求したとしても、それは路地をアスファルト舗装する程度のことだった。だが、ホメイニー師は国民の要求を独立や自由、そして東西のいずれの陣営にも属さないというレベルにまで押し上げた」と述べました。

これに関する詳しいニュースは、また後ほどお伝えします。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://urmedium.com/c/japaneseradio

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

 https://soundcloud.com/user-614960283

タグ

コメント