7月 08, 2020 19:01 Asia/Tokyo
  • ローハーニー大統領
    ローハーニー大統領

イランのローハーニー大統領が、「イランと近隣諸国の関係は良好である」と述べました。                  

ローハーニー大統領は、8日水曜の閣議において、イランが外国との関係に戦略的視点を持っているとして、「わが国と近隣諸国との関係は、極めて良好である。ただし、イラン政府との繋がりを求めないふたつの国を除いてではあるが」と語りました。

また、イラン南東部のチャーバハール港の収容能力について触れ、「大洋に面したイラン唯一の港である同港の収容能力は、250万トンから850万トンにまで達している。この取り組み’は、南北トランジット輸送線にとって大きな変革となる」と続けました。

そして、南北縦断鉄道の建設はひとつの国家的・国際的計画であるとして、「この鉄道は、インド洋に面したチャーバハールを起点に中央アジア、コーカサス地方、中国、ロシア、ヨーロッパの全鉄道をつなぐことになる」と説明しました。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

 https://soundcloud.com/user-614960283

タグ

コメント