8月 09, 2020 19:34 Asia/Tokyo
  • イランで押収された麻薬
    イランで押収された麻薬

イラン警察隊麻薬対策本部長が、同国南東部スィースターン・バルーチェスターン州のニークシャフル郡およびサラーワーン郡で4トン以上の麻薬が摘発、押収されたことを明らかにしました。

キャリーミー対策本部長は、「当本部隊員らが、スィースターン・バルーチェスターン州ニークシャフル郡およびサラーワーン郡から2つの大きな麻薬貨物を運び出そうとしていた、麻薬武装組織を特定し、取り押さえた」と語っています。

また、「この麻薬組織は、イラン警察部隊に包囲されたと見るや、警察隊に向かって発砲し、現場から逃走しようとしたが、警察隊の激しい発砲により、自らの車両を捨てて地元の丘陵地帯に逃げ去った」と述べました。

そして、「今回の作戦で、麻薬密輸業者4名が逮捕されたとともに、押収された車両を捜査した結果、2丁の武器といくらかの軍事用品、無線機1台に加えて4484kgの麻薬が摘発された」としています。

国連は、イランを麻薬対策の先進国とみなしています。

イランは世界の麻薬対策の最前線の国として、この分野で3000人以上の殉教者および、それ以上の多数の負傷者を出しています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://urmedium.com/c/japaneseradio

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

 https://soundcloud.com/user-614960283

タグ

コメント