8月 10, 2020 01:54 Asia/Tokyo
  • シャムハーニー書記
    シャムハーニー書記

イラン国家安全保障最高評議会のシャムハーニー書記が、西側諸国の対イラン政策に触れ、「わが国は、活発な抵抗と国家を挙げての団結により、現在の問題を乗り越えるだろう」と語りました。

シャムハーニー書記は9日日曜、ツイッター上で「西側諸国のイラン関連政策は、イランとアジアの戦略的協力の阻止および、国家経済石油依存の継続を基盤としている」と述べています。

また、「イランはかなり以前から、アジアとの戦略的な協力および石油からの国家経済の脱却という2つのノルマを決定しており、活発な抵抗と国家を挙げての団結により、現在の危機を乗り切るだろう」としました。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://urmedium.com/c/japaneseradio

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

 https://soundcloud.com/user-614960283

タグ

コメント