9月 24, 2020 15:44 Asia/Tokyo
  • 山際大志郎衆議院議員
    山際大志郎衆議院議員

山際大志郎衆議院議員は、友好的平和はイラン国民の指標であると述べました。

イルナー通信によりますと、日本・イラン友好議員連盟事務局長の山際大志郎衆議院議員は23日水曜、在東京イラン大使館で行われた聖なる防衛40周年にちなんだ書籍及び写真展の開会式で、「イランと日本の二つの偉大な国民は、 友好的平和、戦争への反対といった多くの共通点を持っている」と述べました。

また、地域と世界全体の平和と安定のためのイランと日本の協力を強調すると同時に、諸国間での戦争勃発を阻止すべきである、と語りました。

イラン・イラク戦争中にイランに在住していた鈴木教授も、この式典で戦争当時の記憶を語り、イラン国民の連帯と自己献身の精神を称賛しました。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ

コメント