10月 21, 2020 18:51 Asia/Tokyo

イラン政府軍と革命防衛隊の対空防衛部隊による合同軍事演習が始まりました。

対空防衛合同軍事演習「ヴェラーヤト99」は、21日水曜朝から、国産ミサイル防衛システム、レーダーシステム、電子戦争用装備、通信機器、監視機器の配備により開始されました。

この軍事演習のファラジプール報道官は、「今回の演習の主な目的は、空からの脅威に対抗するため、より強化され効果的で統率のとれた対空防衛をめざす、イラン各武装軍の共同作戦の調整である」としました。

また、「イラン軍と革命防衛隊の偵察機が、演習区域の上空を飛行している」とし、「今回の演習で使用されている捕捉レーダーシステムは、純国産だ」と強調しました。

 

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://urmedium.com/c/japaneseradio

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

 https://soundcloud.com/user-614960283

タグ

コメント