10月 21, 2020 21:16 Asia/Tokyo

アルダビールはイラン北西部の大都市で、アルダビール州の州都です。この都市は、イスラム伝来以前から、既に北西部アーザルバーイジャーン地方全体の中心都市でした。

アルダビール市の北西30km離れたところにある町サルエインは、州内でも有数の観光都市の1つです。

この街が名声を博している最大の要因は、多数の温泉や湧き水の存在です。

サルエインとその周辺には、北西部の最高峰サバラーン山を源泉とする数十もの温泉や天然の湧き水があり、特に、サルダーベ村にある滝や温泉は、イラン有数の観光名所となっています。

村と同じ名前を持つサルダーベ滝は、アルダビール市から西に24km、サバラーン山東麓にあり、ここには医学的に大きな効能のある鉱泉もあります。ここの鉱泉は、黄疸や皮膚病、骨の疾患などに効果があるとされています。

また、アルダビール市の北西25kmにあるサルダーベ温泉は、春から夏にかけて一帯が一面美しい緑に覆われます。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ

コメント