10月 25, 2020 20:55 Asia/Tokyo
  • ペルセポリスのGKラック選手
    ペルセポリスのGKラック選手

AFCアジアサッカー連盟が、2020年アジアチャンピオンズリーグ(ACL)西地区の最優秀GKを選ぶオンライン投票を実施し、その結果イランのサッカークラブ・ペルセポリス所属のGKハーメド・ラック選手が選出されました。

IRIB通信によりますと、今回の投票では、ACLの決勝進出を決めたペルセポリスのGK、サウジアラビアFCアルナスルのオーストリア国籍GK、同じくサウジアラビアのFCアルタアウンのブラジル国籍GK、UAEのFCアルアフリのGK、カタールのFCアルサッドのGKがイランのラック選手と争いました。

21万7743人が参加したこの投票で、ラック選手は得票率97%で1位となり、アルナスルのGKが2%で2位という結果でした。

ラック選手は、アジアチャンピオンズリーグの7試合で2ゴールしか許しておらず、88・9%という高い防御率を誇っています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://urmedium.com/c/japaneseradio

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

 https://soundcloud.com/user-614960283

タグ

コメント