11月 25, 2020 17:01 Asia/Tokyo
  • ハーメネイー師(2018年11月)
    ハーメネイー師(2018年11月)

イランイスラム革命最高指導者のハーメネイー師が、同国の民兵組織バスィージ創設記念日に際して、この組織をイラン国民が神から授かった大きな財産・蓄財だとしました。

本日25日水曜は、イランイスラム共和国の建国者ホメイニー師の命により、イランでは民兵組織バスィージの創設された日です。

ハーメネイー師は、25日に発表されたメッセージの中で、「バスィージは、今は亡きホメイニー師の素晴らしく輝かしい記念物であり、国家権力の具現である」と語りました。

また、「国家の防衛や国の独立と安定の維持、国家規模での重要な貢献、高度な科学と新技術の先進的な活動、価値観によるアプローチや精神的な雰囲気の創造といった全ての場合において、この組織の名前が挙げられ、またその存在をクローズアップしている」と述べています。

さらに続けて、「バスィージはイラン国民が神から授かった大きな財産・蓄財である」と強調し、「イラン国民の敵は常に、現在はもちろん、今後もこの財産を破壊し無能化しようと思索するだろう」としました。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://urmedium.com/c/japaneseradio

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

 https://soundcloud.com/user-614960283

タグ