1月 16, 2021 21:14 Asia/Tokyo
  • 米ドルの支配が終焉へ
    米ドルの支配が終焉へ

イラン国会・国家安全保障委員会のアムーイー報道官は、アメリカの制裁を受けている国々の状況が整備しつつあることは、米ドルの支配の終焉への始まりとなるだろう」としました。

IRIB通信によりますと、アムーイー報道官は16日土曜、アメリカの対キューバ追加制裁への反応として、バーチャル空間の個人ページに投稿し、「アメリカは制裁というさびた刃を破棄しないが、イラン、ベネズエラ、ベラルーシ、シリア、レバノン、イエメン、イラクが抵抗したと同様、キューバも依然として断固として抵抗している」と述べました。

また、制裁下に置かれた国々の体制が整いつつあることにより、世界経済に対する米ドルの支配は終りを迎えるだろう」としました。

任期満了まで後5日間を残すアメリカのトランプ現政権は、人権侵害を理由にキューバの内務省と内務大臣を制裁対象のリストに加えました。

アメリカは、およそ60年前から根拠のない理由により、キューバに最も厳しい制裁を科しています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

 

タグ