1月 27, 2021 19:32 Asia/Tokyo
  • イランのザリーフ外相
    イランのザリーフ外相

アルメニアを訪問したイラン外相が、地域諸国による多国間協力は、地域での長期的な平和と安定樹立の土台となるだろう、としました。

ファールス通信によりますと、ザリーフ外相は27日水曜、アルメニアの首都エレバンに到着した際、「アルメニアは、イランにとって旧来からの友好国かつ近隣国である、と語りました。

また、「ロシアやアゼルバイジャン共和国の政府関係者との会談では多国間協力について協議した」とし、「特に経済分野における地域諸国間の協力の下地が整っている」と述べました。

ザリーフ外相は、今回の地域諸国歴訪の次の訪問先として、ジョージアとトルコを訪問する予定です。

 

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ