2月 16, 2021 17:40 Asia/Tokyo

2021年イラン・ロシア海軍合同軍事演習の第1段階が、海上の2つの標的に対する両軍の艦艇の射撃により開始されました。

イラン国際通信・イランプレスによりますと、イランとロシアの艦隊が16日火曜朝、北インド洋に出発するとともに、この軍事演習の第1段階を実施しています。

演習の第1段階では、イランとロシアの艦隊がイラン国産駆逐艦「ジャマーラーン」の指揮下で、各種兵器を使用し海上で所定の標的に向けて射撃を行いました。

次の段階でも、地域の脅威に応じて演習に参加する部隊の編成と攻撃的な配置を含む「PHOTOEX」作戦が実行されました。

この演習のすべての段階は、イラン海軍のヘリコプターによる地域的・空中監視の下で実施されています。

イランとロシアの2021年海上安全合同軍事演習は、16日朝に北インド洋・オマーン海地域で開始され、2日間継続されることになっています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ