2月 18, 2021 18:24 Asia/Tokyo

インド洋北部で実施されたイランとロシアの2021年海上安全合同軍事演習が、両国の艦隊の海上行進により終了しました。

イランの国際通信イランプレスが18日木曜、報じたところによりますと、この演習の終了に当たっての海上行進には、国産駆逐艦「ジャマーラーン」を含むイラン軍やイスラム革命防衛隊の艦隊、及びストイキーなどのロシアの戦艦が参加していました。

この軍事演習は2日間に渡りインド洋北部で実施され、昼間や夜間の所定の標的への射撃、攻撃戦術の実施、ヘリコプターによる作戦、襲撃された艦船の解放、負傷者への救援、火災が発生した艦船での消火活動、艦船の港湾への曳航などの訓練が実施されました。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ