2月 25, 2021 16:56 Asia/Tokyo
  • モフラズ博士
    モフラズ博士

イラン新型コロナウイルス国家対策本部のメンバーであるミーヌー・モフラズ博士が、イラン製コロナワクチン『Coviran Barakat』は、極めて高品質で造られている」と語りました。

モフラズ博士は25日木曜、イルナー通信とのインタビューで、「コロナワクチンCoviran Barakatは、最高の国際基準で製造中であり、イラン製医薬品は必要な効能を有している」と述べています。

昨年12月29日には、イラン人研究者らが開発したこのワクチンの臨床治験の第1相試験が、3人のボランティアへの接種により開始されました。

計画では、第1相実験の結果と次の段階のプロトコルが確認されれば、研究の第2相実験は2021年5月21日までに完了する予定です。

なお、この臨床研究の第2、第3段階は同時に実施されることになっています。

イラン人研究者らは、「ラーズィー」と「パスツール」と呼ばれるさらに2つのコロナワクチンを製造する準備をしています。

コロナワクチンの製造におけるイランの専門家と医師の成功は、世界中のメディアと医学界から賞賛されています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ