3月 08, 2021 15:41 Asia/Tokyo
  • イランのザリーフ外相
    イランのザリーフ外相

イランのザリーフ外相が、アメリカの違法な対イラン制裁の完全かつ実効的な解除の必要性を強調しました。

イルナー通信によりますと、ザリーフ外相は7日日曜、アイルランドのサイモン・コーヴニー外相との会談において、イランが対応的措置から本来の状態へ戻ることに繫がる一歩としてアメリカの違法な制裁の完全かつ実効的な解除が必要性である、という考えに基づいたイランの基本政策を強調しました。

コーヴニー外相も会談で、「アイルランドは安保理非常任理事国および安保理決議2231号の担い手、またEU加盟国として、そのプロセスを推進する準備がある」と述べました。

ザリーフ外相とコーヴニー外相はまた、二国間の政治・経済関係について意見交換に加え、地域の緊張緩和の支援に向けた協力、また、ペルシャ湾、イエメン、イラク、シリア、レバノン、パレスチナ、アフガニスタン、コーカサスといった地域の動向などいついて話し合いました。

コーヴニー外相はこの会談でさらに、「合意された手順に従い、在テヘラン・アイルランド大使館は漸次再開される予定だ」としました。

コーヴニー外相は6日土曜にテヘラン入りし、7日午前にはイランのローハーニー大統領とも会談しています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ