May 15, 2021 04:39 Asia/Tokyo

フェルドウスィー廟は、イラン北東部の中心都市マシュハドから20km離れたトゥース市にあります。 この建物は、アケメネス朝時代の建築から着想を得て、フーシャング・セイーフーン氏によって設計および再建されました。

フェルドウスィーはイランの偉大な叙事詩人です。 フェルドウスィーによる英雄叙事詩『シャー・ナーメ(王書)』はイラン文学の文化的アイデンティティの一部を形成している、古代イランをたたえる物語です。この偉大な詩人は、イランの地に古くから伝わる物語の中からイラン人の英雄譚を詩の形で表すことで、イラン文学に永遠に残る作品を作り出しました。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ