4月 14, 2021 18:42 Asia/Tokyo

ポルトガルのFCポルトに所属するイランのFW、メフディー・ターレミー選手が、華麗なバイシクル・キックでシュートを決めてメディアを湧かせました。

FCポルトは13日火曜、UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)の準々決勝第2戦においてイングランドのチェルシーFCと対戦し、1ー0で勝利しました。

ターレミー選手のゴールは、3分ハーフの延長戦で決まりました。しかし第1戦を2ー0で勝利したチェルシーが2戦合計得点差で2ー1と勝り、2013-14シーズン以来の7年ぶりとなるベスト4進出を決め、FCポルトは惜しくも敗退しました。

欧州CLの公式ホームページは、ターレミー選手の素晴らしいシュートについて、「驚きのゴールだった。ターレミーは、欧州CL準々決勝でゴールを決めた初のイラン人選手となった」と称賛しました。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ