4月 15, 2021 16:46 Asia/Tokyo

カザフスタンでのレスリング男子グレコローマン・東京五輪アジア予選で、イランが金メダル4個、銀2個、銅3個を獲得し、優勝を飾りました。

イルナー通信によりますと、第31回レスリング・グレコローマンが13日火曜と14日水曜、カザフスタン・アルマトイで行われ、最終的にイランが金銀銅合わせて7つのメダルを獲得し、優勝しました。

イランはチーム順位でも194ポイントで総合優勝しており、次いで開催国カザフスタンが156ポイントで2位、153ポイントのキルギスが3位となっています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ