4月 19, 2021 01:42 Asia/Tokyo
  • テヘランのミーラードタワー
    テヘランのミーラードタワー

17日土曜が世界ヘモフィリアデー(血友病の日)であることにちなみ、世界で6番目に高い電波塔であるテヘランのミーラードタワーが、血友病患者への思いを込めて赤色にライトアップされました。

IRIB通信によりますと、世界ヘモフィリアデーは、血友病の周知やこの病気の辛さの軽減を目的に、国際的な記念日として毎年4月17日に制定されました。

この種の病気による混乱の軽減には、国際的な周知が大事な役割を果します。そのため、世界血友病連盟は毎年世界の主要な建築物へ、この日によせて血友病のシンボルカラーである赤色にライトアップするよう呼びかけています。

世界で6番目に高い電波塔であり、文化・観光複合施設として知られるミーラードタワーも、この呼びかけに応じて、同日の現地時間夜8時からライトアップを赤色に変更しました。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ