4月 19, 2021 19:34 Asia/Tokyo

レスリング・男子フリースタイル・アジア選手権で、イランが各種メダルを8個獲得し、総合優勝しました。

イランプレスによりますと、東京五輪・アジア予選レスリング・男子フリースタイル大会は、今月17日と18日の2日間にわたり、カザフスタン・アルマトイで開催されました。

今回で34回目となるこの選手権の最終日に、イランの代表団は金メダルと銀メダルそれぞれ3個、銅メダル2個を獲得し、合計179ポイントで優勝しました。イランに次いで、インドが151ポイントで2位、開催国カザフスタンが149ポイントで3位となっています。

これ以前に、イランは今大会の男子グレコローマン種目でも優勝を飾っていました。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

 

タグ