May 05, 2021 20:00 Asia/Tokyo
  • ローハーニー・イラン大統領
    ローハーニー・イラン大統領

ローハーニー・イラン大統領が、「各種制裁は既に失敗している」と語りました。

イルナー通信によりますと、ローハーニー大統領は5日水曜、閣議において、「自分は国民に対し、制裁は既に失敗しており、我々全員が一丸となって団結すれば、制裁が近いうちに解除されると宣言する」と述べています。

また、「相手側は、核合意や自らの責務取り決め、法律に復帰する以外に道がないことを熟知している」としました。

さらに、「本日は、シオニストの嘆きの日である。なぜなら彼らがアメリカを通して起こさせた経済戦争も、また地域諸国とイランの間に亀裂を起こそうとする工作も最終的に失敗に向かっているからである」と語っています。

そして、「制裁の終結は今日、易化している」とし、「核合意内のイラン人の権利は完全に実現されなければならず、我々は決してあきらめない」と述べました。

最後に、パレスチナ人との連帯を表明する「世界ゴッズの日」に触れ、「パレスチナの人々は故郷に戻り、聖地ベイトルモガッダス・エルサレム、およびイスラム教徒にとっての初の礼拝の方向・キブラとなったアクサーモスクが、イスラム教徒に与えられる」としています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ