May 06, 2021 03:12 Asia/Tokyo
  • ザリーフ・イラン外相とミグダード・シリア外相(アーカイブ写真)
    ザリーフ・イラン外相とミグダード・シリア外相(アーカイブ写真)

ザリーフ・イラン外相が、シリア大統領選挙の合法性および憲法尊重の必要性を強調しました。

イルナー通信によりますと、ザリーフ外相は5日水曜、ミグダード・シリア外相との電話連絡において、二国間、地域、国際分野での関心事について協議しています。

また、イランとしてシリア政府の国家主権および領土保全を支持する旨を表明するとともに、シリア憲法の尊重の必要性、並びに同国の大統領選挙開催の合法性を強調しました。

一方、ミグダード外相もシリア国内の状況や、同国大統領選開催の用意が整っていること、近隣諸国とシリアの関係について報告しています。

さらに、この電話会談ではイラクやパレスチナの情勢、テロとの全面的な戦い、シリアやレバノン、パレスチナに対するシオニスト政権イスラエルの攻撃の非難といった内容も議題に挙がっています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ