May 09, 2021 20:04 Asia/Tokyo
  • イラン国会議員
    イラン国会議員

イラン国会議長団のメンバーであるアミールアーバーディー・ファラーハーニー議員は、議会議員らが求めるのは諸制裁の解除である、としました。

イルナー通信によりますと、アミールアーバーディー・ファラーハーニー議員は9日日曜、「イランがとっているアプローチは、全ての制裁が解除されるべきというものだ」と述べました。

さらに、「制裁解除に関する検証も、十分な時間をかけて線密に行われねばならず、イランの協議団は核合意関連協議において、この重要な問題に注意を払うべきである」と語りました。

また、「核関連でない制裁も解除されるべきであり、イランの経済取引に障害があってはならない」としました。

核合意合同委員会のこの度の一連の会合は、アメリカの対イラン制裁解除を通じての核合意の復活に向けて、現在も開催中です。

会合の新ラウンドは7日金曜から始まっています。

イランは、核合意における停止中の措置に自国が戻る条件は、アメリカがイランに対し行っている制裁の解除であることを強調しています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ