May 11, 2021 19:45 Asia/Tokyo
  • ラビーイー・イラン政府報道官
    ラビーイー・イラン政府報道官

ラビーイー・イラン政府報道官が、「唯一の基準は、核合意の正確かつ完全な実施であり、これに一字一句の過不足もない」と語りました。

ラビーイー報道官は11日火曜、イランプレス記者からの「オーストリア・ウィーン協議により制裁は解除または中止されるか」との質疑に対し、「わが国が期待しているのは、核合意および安保理決議2231に明記されているように、制裁がそっくりそのまま解除されることだ」と述べています。

また、「制裁解除をめぐる論争の多くは解決されており、すべての当事者がそれに同意している」としました。

さらに、「トランプ前米政権が核合意への復帰を困難にさせることを目的とした新たな制裁を課すことによって生み出された悪質な複雑さは、ウィーンでの協議を一時困難にした」と語っていま

イランと英独仏中露の5カ国グループによる、ウィーンでの核合意合同委員会の協議は、現在も続けられています。

イランは、アメリカが実質的に対イラン制裁を全廃し、それがイラン側により検証確認された後、核合意内の全責務の履行に復帰する、と強調しています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ