May 13, 2021 01:05 Asia/Tokyo
  • アラーグチー・イラン外務次官
    アラーグチー・イラン外務次官

アラーグチー・イラン外務次官が、「追加議定書の実施再開には、各種制裁の解除が必要だ」と語りました。

イルナー通信によりますと、アラーグチー次官はツイッター上で、「わが国が追加議定書の実施を再開するには、各種制裁の解除が必要である」と述べています。

続けて、「検証確認可能な形で制裁が解除されれば、我々は核合意の完全実施に復帰する」としました。

イランは今年2月23日から、核合意に基づく自発的措置の一部を停止させていますが、制裁が解除されてこの合意による利益を受けることができた場合には、合意に定められた自国責務の履行に戻る準備があることも強調しています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ