6月 12, 2021 15:19 Asia/Tokyo
  • ハティーブザーデ・イラン外務省報道官
    ハティーブザーデ・イラン外務省報道官

ハティーブザーデ・イラン外務省報道官がツイッターで、「バイデン現米大統領は、効果的で検証確認可能な制裁解除により、トランプ前大統領が喫した最大限の失敗から手を引くべきだ」と語りました。

ハティーブザーデ報道官はこのツイートで、「制裁対象者リストから一部の人物・団体を削除することは、核合意関係の協議には関係なく、また善意のメッセージとも見なされない。特にそれが、経済テロの更新を伴う場合にはなおさらだ」と述べています。

また、「バイデン氏はトランプ氏と同じ轍を踏むのではなく、制裁を効果的かつ検証可能な形で解除することで、『最大の失敗』から手を引くべきだ」としました。

バイデン政権は、「オーストリア・ウィーンで進行中の協議を通じて、アメリカとして核合意に戻る上で必要な下地を整えるつもりである」と主張しています。

バイデン政権の関係者はこれまでに何度も、「最大限の圧力行使」政策の失敗を認めていますが、これまでに彼らは核合意復帰に必要な措置を講じようとせず、またこの合意の復活の復活を目的に開かれた5回の集中的な協議はまだ成果にいたっていません。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ